してみるログ

気になることを "してみる" ブログ。

赤ちゃんがベビーカーで泣くときの3つの対策!

スポンサーリンク

スポンサーリンク

赤ちゃんがベビーカーで泣くときの対策

ベビーカーは赤ちゃんと出かける上では欠かせないアイテムです。

でも赤ちゃんによってはベビーカーに乗せるの嫌がって泣いてしまう子もいますよね。

うちの子もベビーカーに乗せると泣いてしまうのでお出かけのときはずっと抱っこだったのですが、友人のママさんたちに聞いたところやはりベビーカーで泣いてしまう子はそれなりにいて、ママさんたちそれぞれで原因にあった対策を取っていてその方法を教えてくれました。

 

今回は、同じような悩みを抱える方のために、赤ちゃんがベビーカーで泣いてしまう場合の3つの対策法をご紹介します!

 

 

赤ちゃんがベビーカーで泣いてしまう場合の3つの原因と対策!

原因その1:ママの顔が見えなくて不安

ベビーカーに乗るとママの顔が見えなくなり不安になって泣いてしまう子がいました。

その赤ちゃんのママさんは、赤ちゃんの顔をよく覗いたり、泣きそうになると「いるよー!」と声をかけたりしながら乗せたら泣かなくなったそうです。

また、シートの向きが変えられるベビーカーであれば、前ではなくママのほうに向かせるのも良いかもしれません。

 

原因その2:退屈になってしまう

赤ちゃんをベビーカーにずっと乗せていると飽きてしまいます。ベビーカーに乗った最初は大丈夫なんだけど乗っている時間が長くなってくると泣き出してしまうという子もいました。

そんな赤ちゃんのママさんは、移動が長くなるときは、ベビーカーにメリーなどを付けたり、おもちゃを持たせたりして飽きないようにしたところ泣かずに乗ってくれるようになったそうです。

 

原因その3:ベビーカーが暑い or 寒い

ベビーカーに乗っている赤ちゃんは外の気温にとても影響されやすいです。

冬は足元や首周りが冷えますし、夏場はシートが路面に近いため熱が伝わって暑くなることもあります。

暑さや寒さで不快になって泣いてしまう赤ちゃんに対しては、気候に合わせた対策をすることが大事です。

夏の暑いときには保冷剤を置いてあげる、冬の寒いときにはブランケットをかけてあげるなどの対策をしてあげてください。

 

まとめ

ベビーカーで泣いてしまう理由は赤ちゃんによって様々です。

泣いてしまう原因をしっかりと理解し、赤ちゃんに合った対策をしてあげてください。

それでもだめなときは抱っこ紐に切り替えてあげてください。

抱っこできるのもわずかな期間ですから、赤ちゃんとのスキンシップを楽しみましょう!